TOP/ 対COM戦(COMチャレンジ) /対COM戦での無失点の取り方

対COM戦での無失点の取り方

対COM戦での無失点

対COM戦での無失点チャレンジの達成は、良い投手がいれば普通にプレイしていても達成可能かと思いますが、それでも無失点となると少し不安定かもしれません。

ここでは、投手の性能に関係無く、COMの特性を利用して確実に無失点に抑える手順を紹介します。

ただし、良い投手は必要ありませんが、良い外野手は必要となります。

安全かつ手軽にアウトを取る手順

  1. フォアボール、デッドボールなどでランナー 1,2塁の状態にする。(正確には 2塁にランナーが居れば良い)
  2. 2塁へ牽制球を投げる。(この時点では 2塁ランナーは当然セーフとなります。)
  3. ボールを受け取った2塁選手を 1塁へ走らせ、無人となった 2塁へ送球を行う。
  4. 無人の2塁へ投げられたボールは、レフト方向に転がる。
  5. 無人の2塁へ投げられたボールをレフトがキャッチすると 2塁のランナーが3塁に走るので 3塁へ送球してアウトを取る。

タイミングが悪いと、2塁へ送球したボールが暴投した時点で牽制画面から投球画面へ切り替わってしまいます。一連の操作は素早く行ってください。

守備力と肩の良い選手をレフトへ

中日の英智選手

この方法は、暴投した球を素早く拾い素早く3塁へ送球する必要がある為、外野守備力と肩が B以上の選手をレフトに起用しておく必要があります。

逆に言えば、この方法を使う場合は、レフト以外の守備はまったく気にする必要がありません。

この COMの動きは、3塁ランナーも同様にホームへ走る。その為、レフトの肩が良く、ランナーの走力が低ければ 3塁ランナーもこの手順で刺す事が可能である。

投手のスタミナ切れに注意

投手のスタミナ切れに注意
スタミナ切れ状態になると左右変化の量も少なくなり、ストライクゾーンに入ってしまう事になりかねない。

この手順は必然的に投手の投球数が増える為、投手が疲労していく。

スタミナ切れになった投手は左右の変化量が激減し、ボールが曲がらなくなると打たれてしまう事がある為、デッキに組み入れる投手は、スタミナが多く左右の変化の数値も高い選手を起用しよう。もちろんリリーフの準備も忘れずに。

タグ:無失点
最終更新日 2009年 10月 31日 11時 01分
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。