TOP/ 基本 /打撃(バッティング)操作の基本

打撃(バッティング)操作の基本

ファミスタオンラインでは、確かに強い選手ならば適当に当ててもホームランを量産可能だが、先ずは基本を知っておこう。

打球が飛ぶ方向の基本

  • 打者の手前でミートすると打席側へ打球は飛びます。(「引っ張る」と言います)
  • 打者から後ろでミートすると打球は打席と反対方向へ飛びます。(「流す」と言います)
  • バットの根元に当たると、打席側へ打球が飛ぶ補正を受けます。
  • バットの先に当たると、打球は打席と反対方向へ飛ぶ補正を受けます。
  • バットの芯ではなく、根元や先に当てるとミートが高い選手で無い限り、フライになりやすい。

打席(バッターボックス)の位置について

前列

バッターボックス最前列バッターボックス前列は、投球が変化する前に打つ事が可能だが、外側から中へ曲がるボールを打つのには不向きとも言える。

後列

バッターボックス最後尾バッターボックス後列は、フォークボールやベース手前で変化させる球を見極めてから打つ事が可能。

中(初期位置)

バッターボックス中央バッターボックス中央は、打つ瞬間には真ん中で立っている特徴は特に無い。

投球に合わせて前後へ移動する前のポジションとしては移動距離が短くなるために有効と言える。

最終更新日 2009年 10月 07日 20時 08分
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。