TOP/ 基本 /球場別攻略法

球場別攻略法

球場別攻略法は大雑把に言えば、広い球場は守備、狭い球場は打撃が重要となる。

ファミスタ市民球場/ファミスタドーム

「ファミスタ市民球場」と、「ファミスタドーム」は、基本の球場だ。

このサイトでは、この 2球場を基本としている為、基本通りのスタンスで挑めばよい。

「ファミスタ市民球場」よりも、「ファミスタドーム」の方が広い。

河川敷野球場

kasenjiki.jpg

ポイント

  • 守備よりもパワー重視のデッキを組む。
  • 進塁は控えめに。
  • 投球は、「なるべく打たせない事」につきる。
  • 打者の「チャンス」スキルは活用され難い。

解説

河川敷球場はとても狭い球場である。

狭い球場であるから、各ポジションの守備範囲も非常に狭くなるため、デッキへ組み込む選手は、守備よりもパワーの値を優先したい。パワーの高い選手ならば打ち損じたフライ球でもホームランになってしまう可能性が高くなる。

逆にホームラン以外の打球では、かなり良いところへ打ったとしても 2塁打も難しい球場である。進塁は慎重に行う事。

パワー優先の反論として、パワーの低い選手でもホームランが狙える球場故に、守備やミートを重要視する事も可能である。

投球は、ジャストミートしなくてもホームランになる可能性が高い球場故に、如何に三振が取れるかが重要になってくる。

他の球場と比較して、点が入りやすい球場である。初心者プレイヤーには、河川敷球場で 5点差程度離された時点で心が折れてしまうプレイヤーも見受けられるが、点を取られやすい球場故に、自身も点を取りやすい球場の筈であるからして、諦めずにプレイしてもらいたい。

しかし、高レベルプレイヤーが先攻、低レベルプレイヤーが後攻となった試合では酷い結果になる事があるもの事実。

モンスター球場

monster.jpg

ポイント

  • 守備の能力を重視する。
  • センターの守備と肩が最重要。
  • 微妙なパワーヒッターよりも走力の高い選手を選択しよう。

解説

モンスター球場は、外野が異常に広く、レフトスタンドの壁が異様に高い球場である。

この球場で試合を行う場合は、センター、ライト、セカンド、ショートの守備力が重要だ。特にセンターの守備力と肩は重視したい。

攻撃面では、打球がセンター奥深くまで転がり込むようなライナーが理想的だ。その場合の走塁は大胆に攻める事が可能。

ホームランを狙うならライト方向が基本の為、流し打ちが得意であれば右の強打者を、引っ張りが得意であれば左の強打者を用意しておけば良いだろう。

その広さから、本来は守備でカバーするべき球場だが、強力な選手を揃たデッキでは、この球場の広さを物ともしないプレーも可能である。

最終更新日 2009年 10月 04日 01時 38分
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。